シェアする

仲裁約款

ヘラルト・ダヴィト

「カンビュセスの審判」, 1498

ページの検索

主要推奨仲裁条

紛争が仲裁により解決されるために、推奨される仲裁条項が契約に含まれなければなりません。
契約の当事者は紛争が通常の仲裁手続きあるいは簡易仲裁手続きによって紛争が解決されることに同意し、又、仲裁手続きに関する追加条件の要求および要件を定めることができます。
契約の当事者はまた、州裁判所で紛争の審議開始後を含む、後の段階であっても仲裁廷への紛争の解決を移植する旨の別の合意書を締結することができます。

本契約から生じ、または、それに関連して発生する紛争、決定、決定の変更・改正、終了または、無効に関する紛争、および申し立ては、仲裁法規の定めに従い「ロシア現代仲裁協会」所属自律的営利団であるロシア仲裁センターが管理する仲裁によって裁定されます。
当事者は書面の申告、メッセージ、およびその他の書面の書類を送信する目的として下記の電子メールアドレスが使用されることに同意します。

[当事者の名称]:[電子メールアドレス]
[当事者の名称]:[電子メールアドレス]

上記のメールアドレスを変更する場合、当事者は他の当事者に直ちに通知する義務を負い、仲裁がすでに開始されている場合、「ロシア現代仲裁協会」の所属自律的営利団のロシア仲裁センターにも通知する義務を負います。この義務を履行しない場合、当事者は書面の申告、メッセージ、およびその他の書面の書類が実在しない電子メールアドレスに送信されることによるあらゆる不利益を受けるととなります。。
当事者は仲裁判断を自ら執行する義務を負っています。

国内仲裁の紛争に於いては、3,000万ルーブルまでの請求額、または国際商取引仲裁に於いては、50万ドルまでの請求額の場合、仲裁簡易手続の適用に関する推奨仲裁条である。

本契約に関連して生じり、または違反、結論、変更、終了または無効に関連するものを含む紛争、不同意、自任が仲裁法規の条項に従って「ロシア現代仲裁協会」と言う所属自律的営利団のロシア仲裁センターが管理する仲裁によってされる。

当事者は仲裁法規第7章に従って国内仲裁の紛争に於いては、3,000万ルーブルまでの請求額、または国際商取引仲裁に於いては、50万ドルまでの請求額の場合、仲裁簡易手続の枠組みの中で紛争を検討することに同意する。

両当事者は迅速仲裁手続における口頭審問が行われないことに同意する。

両当事者は仲裁に関連する書面の申告、通知、およびその他の書面の書類を送信する目的として次の下記の電子メールアドレスが使用されることに同意する。

[当事者の名称]:[電子メールアドレス]

[当事者の名称]:[電子メールアドレス]

上記のメールアドレスを変更する場合、ある当事者は他の当事者に現在の電子メールアドレスをすぐに通知する義務を負い、仲裁がすでに開始された場合、「ロシア現代仲裁協会」の所属自律的営利団のロシア仲裁センターにも通知する義務を負う。さもなければ、当事者は書面の申告、メッセジー、およびその他の書面の書類を実在しない電子メールアドレスに送信することの否定的な結果を受ける。

当事者は任意に仲裁判断を執行する義務を受ける。

推奨仲裁条の内容に含まれる可能性のある追加および直接合意:

  1. 紛争は[仲裁人の数あるいは仲裁の特定の姓名および父称を指定する権利がある] [●]仲裁人からなる仲裁廷によって解決される。
  2. 仲裁地は[●]「国および/あるいは都市を指定する権利がある」とする。
  3. 口頭審理は、次の住所で開催するべきである。
  4. 実体法 [●]は本契約に適用される。
  5. [●]言語は使用言語となる。
  6. 当事者は、仲裁手数料の算定のために仲裁法規によって設定された時間単価の適用に同意する

直接合意

当事者は直接協定により、当事者はそのような仲裁の条件に合意することがでます。これには、法律に則り、仲裁法規を含めることができません。

  1. 常任当事者が挑戦を拒否した場合、裁判所への挑戦申請の可能性を排除するための直接的な合意した 

    両当事者は、仲裁人の挑戦の申請が仲裁規則に従って就任式で満たされていない場合、挑戦を主張する当事者は、挑戦の満足の申請を管轄裁判所に提出する権利がないことに明確に同意する。

  2. 仲裁組成の権能が認められた場合に仲裁組成の権能の喪失等についての申し込みを管轄裁判所に提出する可能性を排除するための直接的な合意する 

    当事者は仲裁組成が予備的事項として権能を有すると判断した場合、仲裁組成の権能の喪失等についての申し込みを管轄裁判所に提出する権利がないことに直接的に同意する。

  3. 当事者の間の紛争に関する口頭審問が行われない直接的な合意(当事者が標準仲裁手続きにおける口頭審問を除外したい場合 1) 

    当事者は口頭審問が仲裁の枠内で行われないことに直接的に同意する。

  4. 当事者の間の紛争のための仲裁人が「ロシア現代仲裁協会」と言う所属自律的営利団のロシア仲裁センターの献策のリストから選ばれるという直接合意となる。 

    当事者は、紛争解決のための仲裁人が、「ロシア現代仲裁協会」と言う所属自律的営利団のロシア仲裁センターの仲裁人の献策のリストから選択(任命)されることに直接に同意する。

  5. 仲裁判断の最終と解約不能の直接合意となる。 

    当事者は仲裁判断が最終であり、解約不能のものだと合意しますする。

調達合意書

当事者は調達合意により仲裁判断の執行に関する申請および/あるいは仲裁判断の取消に関する申請を提出する州裁判所を選択できます。
当事者は調達合意の締結により以前に可能な紛争の審査が同州裁判所で行う同期できます。これによりは審議手続きが迅速になり、訴訟費用が削減されます。

  1. 仲裁判断の取り消しに関するおよび事件の管轄裁定に関する合意
    当事者は、仲裁判断の取り消し申請が、かかる仲裁判断が下される仲裁地(または居住地)の仲裁廷(または該当する地方裁判所)の審査を受けることに同意する
  2. 仲裁判断適用(執行令の発行)に際し、管轄権が仲裁判断の効果的となる当事者の所在地へ変更されることへの合意:
    当事者は、仲裁判断の執行のための執行令の発行の申請は、かかる仲裁判断が有より効果的となる当事者の所在地(または居住地)における仲裁廷(または地方裁判所)の審査を受けることに同意する。
  3. 仲裁地における仲裁判断の執行に関する管轄裁判所の裁定(執行裁判所の発行)に関する合意。
    当事者は、仲裁判断が行われる領土内のロシア連邦の構成主体の仲裁廷(または地方裁判所)により、仲裁判断の執行のための執行票発行の申請が審査されることに同意する。
  4. 仲裁判断が採択される当事者の所在地における両事件の管轄権の変更に関する合意。
    当事者は、仲裁判断の執行のための執行令状の発行の申請、または仲裁判断の執行のための執行票発行の申請は、かかる仲裁判断が効果的となる当事者の所在地(または居住地)における仲裁廷(または地方裁判所)の審査を受けることに同意する。